運送ドライバーに必要な免許

普通・中型・大型自動車運転免許が必要

運送ドライバーになるためには自動車運転免許が必要です。自動車運転免許と言っても、普通や中型、大型がありそれぞれで運転できる自動車の種類が異なります。普通自動車免許の場合は、18歳以上から取得することができ、車両総重量が5トン未満の車両を運転できるようになります。これは法改正後の要件で、仮に改正前に取得したのであれば車両総重量8トン未満までのトラックを運転できます。20歳以上になると中型自動車運転免許を取得できるようになり、車両総重量が11トン未満のトラックの運転が可能になります。大型自動車運転免許は、21歳以上かつ普通もしくは大型特殊免許を取得している期間が3年以上であれば取得できます。

取得には時間がかかると言われていますが、これを持っていると基本的にはどのような積載量や車両総重量の自動車でも運転できるようになり、運送会社にとって欠かせない人材になるとも言われています。

フォークリフト免許が必要

運送ドライバーには、フォークリフト免許が必要になることがあります。運送をした後に、荷物を下ろす作業が求められることもありこの資格を取得しているとそのまま一人で作業をすることができるのです。フォークリフト免許と一口に言ってもその種類は二つあり、最大荷重1トン以上のフォークリフトを運転できるのが通常のフォークリフト運転免許で、最大荷重1トン未満のフォークリフトを運転できるのがフォークリフト運転特別教育です。必ずしも運送ドライバーに必要とは言われていないのですが、取得しているだけで時給がアップしたり特別手当が支給されることもあります。上述の二つのフォークリフトの資格は、いずれも最短で二日程度で取得できるとされています。

とにかく仕事として運転手になりたいなら、運転手の募集のみを取り扱っているドライバー求人の専門サイトを活用しましょう。