接客ドライバーに必要な免許

接客ドライバーの種類

接客ドライバーは、働いた分だけ稼げることや働き方の自由度が高いことなどが魅力的な仕事です。また、未経験者でも始めることができます。接客ドライバーといってもさまざまな種類があり、各種によって仕事内容も異なります。種類を大きく分けるとタクシー、ハイヤー、介護タクシー、運転代行の4種類にわけることができます。 タクシーは、お客様を自動車に乗せて目的地まで輸送する仕事です。道端でお客様を見つけて乗せる方法で営業を行います。ハイヤーは、完全予約制の運送になり会社の社長や重役といった方を中心に行うサービスです。介護タクシーは、公共機関を一人で利用することが困難な高齢者や障害者を対象として送迎や付き添いを行います。運転代行は、飲酒で運転できないお客様の代わりに代行して車を運転し、自宅まで送り届ける仕事です。

接客ドライバーに必要なスキルは?

商業目的で、人を乗せて運転をする接客ドライバーには必要になる免許があります。それは、普通自動車二種免許です。お客様にお金を払ってもらって自動車に乗せるには必須の免許になります。誰でも受験できるわけではなく、普通自動車二種免許を受験するためには、満21歳以上で第一種免許を取得してから3年経過していることが条件です。東京都や大阪府といった一部の地域で接客ドライバーをする場合、該当エリアについて詳しくなければならず、地理試験の受験合格が必要となります。出題される問題は、乗車地から降車地までの最短ルートを答える内容や主要施設についての問題など区域内の地理関係に関することが主です。問題は40問で、うち32問を正解すると合格できます。

運輸業界は新型コロナウイルスにより、業務過多となり、以前からの人手不足も相まって、採用状況は盛況です。ただ、ドライバーの転職に関し、社風、福利厚生等、綿密に労働環境を調べる必要があります。